鉄を溶かす

認められない気持ち、許せなかった気持ち、真実を話す優しさ、真実を話す残酷さ、思い出の共有、悲しみの共有。そんなつもりはなかったのに地獄だった。意味はすごくあったけど。何度だって思う。もっと明るくて人を照らせるような性格だったら良かったのに。つらいことや悲しいことは共有して少しずつ昇華していくものだと、少しずつ癒していくものだと習ったけれど、彼女にとってそうなっただろうか。何度も何度も繰り返し言葉にする彼女にとって少しでも良いものであって欲しい。夢みたいだと、繰り返し彼女は言ったけれど、疲れていて行きも帰りも寝てたから、本当に夢みたいだった。

 

ずっとそうやって生きていくの、と言われたけれど、そうだと思う、ずっとこうやって生きていくんだと思うよ。