Ambitions

f:id:whiteco:20170418105447j:image

ONE OK ROCKのライブに行ってきました。@幕張。幕張メッセっていい思い出なくて、オールスタンディングだし見えないしつらいし見えないしつらいしの記憶だったし、ブロックが一番後ろだったので不安でどきどきしながら行ったのだけど、最後のブロックだけど番号が早かったので割とステージ見えました。最後は前から2列目とかだった。

 

セトリ(ネットで拾ってきました)

1.Ambitions – Introduction –
2.Bombs away
3.ONION!
4.Deeper Deeper
5.Taking Off
6.20/20
7.Cry out
8.Clock Strikes
6.Bedroom Warfare
10.69
11.Always coming back
12.Taking Off (Acoustic)
13.Wherever you are (Acoustic)
14.Hard to love
15.Listen (featuring Avril Lavigne)
16.Bon Voyage
17.Start Again
18.I was King
19.Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)
20.The Begining
21.Mighty Long Fall
22.We are
アンコール
23.One Way Ticket
24.完全感覚dreamer

 

幕張はゲストがいないからって言って、アコースティックバージョンをたくさん歌ってくれた。といってもゲストに大山琉安ちゃんという14歳?の女の子が来てくれてました。TakaがYouTubeで発見した女の子らしく、才能爆発してた。友達曰くダンスもすごいらしい。彼女の歌声に会場からはどよめきと感嘆の声。幕張メッセでも物怖じせず、なんならオーディエンスを煽り、自由に堂々と「Wherenever you are 」とオリジナルの曲を歌い上げていました。何者なのかさっぱりわからないけど、英語もぺらぺら。これからが楽しみ。みんなきっと彼女のインスタフォローしたんじゃないかな。笑

 

「僕達は僕達の夢を追いかけます」

「みなさんはみなさんの夢を追いかけてください」

「誤解を恐れずに言えば」

「僕達に夢を見ないでください」

「僕達はアイドルでもボーイズグループでもありません。ステージを降りたらただの人間です」

「どうかONE OK ROCKがいなくなったら生きていけないなんて言わないでください」

TakaのMC。うろ覚えですがこんな感じでした。結成して10年、これからは自分たちの夢を追いかける、僕達が頑張る姿を見せて応援はするけど、みんなは自分の夢を見つけてみたいな感じでした。NHKの18FESで、若者の不安とか怒りとかそういうものに直に触れて、自分たちにはもう温かいものばっかりなんだなと、もちろんバンドマンにはそういうものも必要なんだけど、みたいなことも言っていて。なんか、時は流れてるんだなあと思った。高校の時、努努だったりとか(you can do)everythingとか分かりやすい曲に背中を押してもらってきて、ライブでは俺たちに着いてこいよな!!!みたいな感じだったのに、長年付き合ってきたのに急に別れを切り出された彼女の気持ちになった(彼女ていうと大袈裟な上に、体験したことないけど笑)。ライブはいつも一種の宗教みたいだなと思ってて(ワンオクに限らず、何かを好きな人達がそれを好きで熱狂する姿ってもうひとつの宗教だと思う)、ライブはいつも楽しくて声出して熱狂して人の汗もこの時だけは気にならなくて、そこにメンバーがいて、好きな曲が奏でられて、それはきっとこれからも変わらないのだろうけど、なんていうか、重いから依存はしないでくれって言われた気持ちになって、思ったよりワンオクに元気もらってたんだなって自覚したのと共に寂しい気持ちになりました。いま振り返ればそんなでもないんだけど、会場ではがーんって来ちゃって、いつもライブで背中押してもらってたんだなと思って、いや、頑張れって言ってもらえてるんだけど、切ない〜ってなった。笑 ライブは相変わらず楽しくてあっという間でした。

 

チケット取ってくれた友人に感謝。アリーナですらもうチケット取れないんだな〜〜