目標

f:id:whiteco:20170305010422j:image

「何も考えてなさそう」と言われて嬉しかった。実際別に誰かと話すときは何も考えていない。

 

目標とする道が歩けなくなったらどうするのって聞いたら、その時は自分の信念に沿って軌道修正するみたいなこと言ってて、この人は努力家で、そのために自信もあって、努力でなんとかしてきたんだなと思った。と同時に、自分ではどうしようもないことにまだ出会っていないんだなと思った。

仕事辞めたから好きなことしようと思って、と言う人がいた。ボランティアできたらいいなって、と。みんな目標を見つけて生きているんだなと思った。目標が達成できなくなったら、違う目標を立てるんだなと。

社会人になってから学生の時みたいに目指すものや目標がなくなったから、高収入とか成功とか、目に見えるものを目標にするようになったって言っていて、理解はできたしなるほどと思ったけれど、共感できなかった。目標、なにもないや。夢もない。

この職業は人と人との繋がりが素敵だなと思って、と16歳の女の子が言ってた。そういう君が素敵だよと、頑張ってねと思った。病気なんかに負けないで。

守りたいものが増えることがこわい。さよならしたくない人が増えるのがこわい。いまが一番最低限でちょうどいい。心許したくない。負けたくない。自分の足で立たないと。困っちゃったな。

夜寄った本屋の店員がすごくはきはきしてて接客態度ばっちりで、元気出た。この間は先輩の筋トレ話に癒された。この人生きてるって感じて、元気が出た。意識が高い人じゃなくて、日常を生きてる人とか笑顔が素敵な人に生命力を感じる。

 

目標を立てないと。