読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の終わり

できないからやらないでって言われるより、やらせておいてやらないでって言われるのつらかった。どこかで自分はできるっていう驕りもあってそれも悔しかった。恥ずかしかった。できない自分も悔しかった。悔しかった。くううう。

 

f:id:whiteco:20160731135002j:image

ハチクロの、竹本くんの自分の探しの旅の時、雨の終わる瞬間のシーンすごく綺麗だなあと記憶に残っているのだけど、同時にそんな時ないなあと思ってて。でも今日初めて雨の終わる場所にあたりました。あんなに曇り空で大粒の雨が降っていたのに、雲の切れ間からあっという間に青空が顔を出して、あっという間に晴れになってた。夏が来た。

 

もっと普通の子だったら、こんなにこじらせてなかったら、頑張っていたのかなあ。いつだって終わりの始まりになってしまうから、だから見ないふりをしなくちゃ。そして弱ってるんだなあと思いました。あうあう。