温度

f:id:whiteco:20160503011508j:image

ほんとうは冗談でいいから、応えてほしかった。ふらりふらりと温度が冷めていく。
隣にいる体温とか、後ろ姿を見つめる気持ちとか、温度が違ってしまう。どうしてさよならか永遠かの二択なんだろう。


疑問ばかり浮かべて答えを出せない。だからずっと考えてしまうんだとわかった。答えなんてないのだから自分で定義したらいい、自分で決めたらいい。自分のことならそうだけど、他者が交わってくるからわかんなくなる。相手のこともふまえて考えたら何が正解なのかちっともわからない。本当は理屈じゃないって直感的なもので定義できるものじゃないってわかってる。理詰めでなんとかしようしてる者が、理屈抜きの素直で真っ直ぐな気持ちに対抗できるはずもなく。うらやましい。真っ直ぐできれいで、それを持っていることに何の思いもないことが、うらやましくて、悲しくなる。向こうからしたらいい迷惑だよね。「何言ってるの」って言われてしまうようなことを、大真面目に考えてる。頭が悪い。