読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はる

f:id:whiteco:20160320003535j:image
自分の力ではどうしようもないことを経験したから、いろんなことに対して仕方ないとかどうしようもないとかよく使うようになっちゃったけど、物事に抗おうとしたり、不条理だと言える人を見ると仕方ないで済ますことがいいことなのかよくないことなのかわかんなくなる。いいじゃんって言われるの嫌だろうなあと思いながら、仕方ないよねとしか言えないだって仕方ないみんなそれぞれ考え方捉え方は違うんだから。仕方ないは、生きやすくするひとつの方法。それで済ませてはいけないこともたくさんあることもわかってるけれど。このまま変わらないと思う、と、去年のわたしも思ってた。わたしもそう思い続けたかった。流れは時に嵐のように全てを変えると思い知った。そうなってしまったらもう波にのまれるしかない。諦めることが一番ストレスが少ない。だめな生き方かな。

37.5℃の涙という漫画で「愛されることに慣れている時は愛されていることに気付かない」というタイトルの回があったんだけど、すごいハッとした。愛されていることや恵まれていることってその時には気付かないんだよね。誰かからしたら恵まれていることも、本人からしたら当たり前のことだったりして。愛されることに慣れる、ってすごい表現というか、わたしとしては衝撃だった。

ホワイトデー、自分のためにより、家族にくれたことに何故だかすごく感動した。涙出そうになってびっくりした。