プリンペラン

f:id:whiteco:20160223193205j:image

いやなこと、もちろんあるけれど、穏やかな日が続いてるような気がする。忘れっぽくなったのもあるけど。最近高いところに行く機会が多くて、自分高所恐怖症なんだって思った。観覧車がほんとにこわくて下りは大丈夫だったけど登るのがほんとにこわくてしょっくだった。血の気引いたし手先も冷えててびっくりしちゃった。

感覚を研ぎ澄ますような生活をしていなくて、ぼやぼや生きてて、なんかそれっていいのかわるいのかわからないけど、しあわせなことだなと思った。気は使うところもたくさんあるけど、すり減らす感じではない。

個人の自由、って、寛容に見えて、興味ないだけなのかなあと思いながら多用している。許すから許されたいところもある。"他"に対する興味が社会人になってからほんとうに減った気がする。春が来るから、生ぬるいことも言ってられないかな。