読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりの

f:id:whiteco:20160215205142j:image

きらきらした世界を通って、森を抜けて、海を越えて、数えきれない星を見つめて、そうして暗いトンネルを通り、その先に光を見つけて、そうやって生まれ変われたらいい。思い出した時だけ悲しむなんてずるいけど、来世のしあわせを祈ってます。お菓子の話したときの笑顔が嬉しかったし、好きな人といるとき最高にかわいかった。さいごはいつもあっという間だ。病気も寿命も自分では選べなくて、ただ生きるしかないんだね。