おやすみ

f:id:whiteco:20170619002615j:image

愛が欲しかったのか。その発想にどうしてなったのかわからなかった。(「花のベットで昼寝して」よしもとばなな

 

色々なこと考えたくなくて、起きてると考えちゃうから、早く寝たい早く寝たいと思って帰ってきた。夕方まで泥のように眠る予定だったのに、あんまり眠れなくて目が覚めちゃった。しょうがないから起きる。夢で友達とコスプレして追いかけっこしてて楽しかった。けど走り回った夢だったせいか、起きてなんとなく疲れてた。外で遊ぶ小学生の声が聞こえる。みんな元気でいいなあ。ベットの上で携帯いじってたらまた眠くなってきた。おやすみ。逃避行。

 

しあわせの色

f:id:whiteco:20170614032230j:image

憧れの人をお誘いしてみんなでビアガーデンに行って、久しぶりにお酒も飲んで楽しかった。だいすきなあの子とビアガーデンの前にカラオケ行って「情緒不安定だな」って笑われて、また甘えちゃったって思ったけど、もうこの子の前くらいしか本当の情けなくて考えすぎでどうしようもない自分をさらけ出せないから、それが本当にありがたくて嬉しい。その後移動してみんなで飲んでたくさん笑って、ほぼほぼ初めましての人達とも合流してみんなで飲んで。二次会の居酒屋さんは個人経営で狭くって、窓からいい風が入ってきて、酔っ払ってるのもあって気持ちよくてしあわせだなと思った。そして昔憧れてた人と友達がいい感じらしくて、その2人を見て心が温まってしあわせな気持ちになりました。不思議な縁に入れてもらったなあと思う。憧れの人は相変わらず優しくて穏やかで、もっとたくさん話したかったなあ。次会えるとしたら早くて3ヶ月後かあ。わたしのこと好きになってくれたらいいのになと思いつつ、そんなことは絶対にないから、ずっと憧れのままでいて欲しい。わたしの好きな人や大切な人が恋愛面においてたくさんたくさん幸せになって欲しい。

 

穏やかな気持ちをたくさん育てていきたい。明日はきっと仏になれるはず。あの夜を思えば、穏やかな気持ちになれる気がする。寝不足なのが心配だ。

歩く

f:id:whiteco:20170604133349j:image

自分を否定されて落ち込んで、自分のだめなところだからわたしが悪かったなと思って、でもやっぱりすごく落ち込んだ。自分の言動がだれかをいやな気持ちにさせてるのって落ち込む。人に甘えるのもうやめなくちゃと思って、でも結局あの子からタイミングよく連絡もらって愚痴を言ってしまった。ありがたい本当に。自分の気持ち優先しすぎてるから、周りを嫌な気持ちにさせてるなと今日も思った。自立しないとな。

カルミア

f:id:whiteco:20170522200732j:image

 初めて見たお花。いままで生きてきて見たことなかった。カルミアっていう植物らしい。蕾がお花とは思えなくてびっくりした。ちょっと毒々しい。

 

仕事で嫌なことが続いて、向こうに問題があって、仕方ないなって流すべきなのか、ふざけんなって怒るべきなのか、正解がわからないけど、怒ってるよってことは伝えたくて電話をぶちっと切ってみたりして、そんな自分に嫌なやつだなあと思いつつ、怒る権利はあると思いながらいたけど、怒る暇もなく去られた。せめて患者さんには謝れよ、、二度あることは三度あるから、明日もきっとだめなんだろう。ふぬぬ。こうやってどんどん性格はきつくなるし、電話の切り方も優しくなくなって、他のスタッフに対して言い方も強くなっていくんだろうかと思って落ち込む。1年目の時はそうはなりたくないって思ってたのになあ。一報くれたらそれで解決するのに、なあ。うーん、愚痴ばっかし。

美女と野獣

f:id:whiteco:20170528183505j:image

美女と野獣」見てきました。きれいで素敵な映画でした。個人的に実写版ならシンデレラの方がきれいで好きだったかな。ベル役のエマワトソンがとにかく美しくてかわいかった。髪型も素敵でした。お城のキャラクターはアニメみたいにかわいいポップな感じじゃなく、アンティークでおしゃれな感じ。リアリティあったけど、ディズニーアニメのイメージが強いからちょっと違和感でした。おしゃれなんだけどね。野獣も顔なんだか不思議だった。鼻もっと伸びてた方が野獣らしかったかなと思う。

f:id:whiteco:20170529014144j:image

 

友達みんな泣いたって言っていて、最近映画で泣かなくなったから(一時期は普通全然泣かないとこでも何故か映画館だと泣いてた笑)泣かないだろうなって思ってたのに、ベルが窓から逃げ出そうとしてた時に温かいお茶を入れたマダムポットの母性に泣きました。あとベルを帰すところで、野獣がそれが愛だというシーン。全体的に愛に溢れる話だなと思いました。王子が優しくないせいで魔女に魔法かけられてみんなも骨董品にされちゃったのに誰も王子のこと悪く言わないし、ベルも野獣もベルのパパも自分のことより相手のことを大切にしていて、女性陣は包み込む優しさに溢れていて。

 

ガストンとかパパとかすごくいい味出してたけど、映像もきれいだったんだけど、なんだかのっぺりした印象。なんでだろね、わたしの見た時のコンディションかな。友達に推されすぎてまた期待値上がっちゃったのかな(よくある)。ふぬぬぬ。でも映画館で観てよかったなと思います。

星空

f:id:whiteco:20170521214529j:image

元バイト先の人たちと地元寄りでご飯して、そのまま東京に帰ろうと思ったのだけど、思い立って電車降りて地元に帰ってみた。生まれ育った家はもう手放していて、いつか家があった場所に行きたいと思ってて、でもきっと悲しくなってしまうと思ったのと、実際遠くてなかなか行く機会がないのとで行けてなかったけれど、せっかくだからと思って引き返した。お店とか新しい家とか変わってるところもたくさんあったけど、駅の感じも帰り道も変わらない温かさがあって、小さい頃から過ごした田舎のままで。風も温かかったから気持ちよくて、なんだか包まれてるような気持ちになった。家があった場所、そのまま家があるか空き地になってるのかなと思ってたけど、そんなことなくて、新しいきれいな家が建っていて、窓からは明かりがもれていて、ああ、新しい家族が住んでいるんだなあと思って、なんだか良かったなあと。思ったよりも全然ショック受けなかった。耐えられないくらい泣くかなと思ったけど、泣きそうになっただけで涙は出なかった。もうここはわたしの帰ってくる場所ではなくなってしまったけど、街は変わらずそこにあるし、来ようと思えばいつでも来れるんだなあと思った。一人暮らししてたアパート横通る方が何故だかよっぽどセンチメンタルで笑、戻りたい気持ちになるよ。

 

あのアパートは今思うと自由の象徴だったから、わたしのかわいいお城だったから、だから未練があるのかな。いまでもあのアパートに戻りたいし、あのアパートに住んでいた時に戻りたいよ。